KIDS

2021/12/14

【2022年版】七五三記念は何歳で祝う?意外と知らない「七五三記念」の基礎知識【関東向け】

【令和・関東版】これから七五三記念を迎えるお子様を持つパパママ必見!七五三記念ってそもそもどんなお祝いや意味があるの?お祝いする年齢は数え年と満年齢どっち?意外と知らない七五三記念の基本知識を、関東在住のご家族向けに解説します!

この記事に関するキーワード

ご予約・お問い合わせ

 

あなたは知ってる?関東の「七五三祝い」

 

2021年ももう残すところあとわずか!

あっという間に年の瀬が近付いてきましたね。

 

去る11月がハイシーズンと言われる七五三記念。

「今年は上の子のお祝いをしたけど、来年以降のお祝いはどうしよう?」

「そろそろ七五三。でも厳密には何歳にお祝いするものなんだろう?」

「そもそも七五三ってどんなお祝いをするの?」

 

これからお子様の七五三を控えるそんなパパママの疑問に

七五三をはじめお子様の記念撮影を専門に行うフォトスタジオ

「写真工房ぱれっと」がお答えしたいと思います◎

 

 

 

▽「七五三祝い」の意味って?▽

 

「七五三記念」とは、お子様の成長をそれぞれ3歳・5歳・7歳という年齢の区切りごとに

「ここまで健やかに育ってくれてありがとう」という思いでお祝いをする、というのが起源。

3・5・7といった奇数は当時縁起が良いとされており、その年齢ごろの子供の成長と合わせて

「3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき、7歳で乳歯が生え替わる」という

成長に伴う大きな変化を家族みんなでお祝いした、という説もあります。

 

この七五三祝いの起源は平安時代にまで遡ります。

当時は医療や衛生面が発達しておらず、子供が健やかに7歳まで育つことが非常に難しいことでした。

そのため、7歳までは「神の子」であるとされていました。

病などが原因で、子供が7歳になる前に天(神様の元)に帰ることは当時よくあることだったのです。

 

そのため、無事に7歳を迎えられた子供はそこからようやく「一人前」であると

家族みんなでお祝いをする風習が起こり、それが現代まで残っているという説もあります。

 

昔も今も、親が子供の健やかな成長を願う気持ちは同じ!

3歳・5歳・7歳という節目で祝う意味を知れば、より七五三記念が特別なものに感じられますよね♡

 

 

 

 

 

▽七五三は何歳でお祝いする?満年齢?数え年?▽

 

お子様の七五三祝いを控えるパパ・ママが意外と知らないのが

「満年齢」「数え年」どちらでお祝いするのが正しいの?というポイント。

 ▶︎満年齢・・・子供が誕生日を迎えて「満◯歳」になってからお祝いや記念撮影をする

 ▶︎数え年・・・誕生日の前にこれから「◯歳」になるという年にお祝いや記念撮影をする

 

実は、その年齢の定義にしっかりとした区別はありません。

かつては年齢の数え方そのものに「数え年」が多く使われていたこともあり

七五三のお祝いの多くは「数え年」に行われることが多かったようですが

現在ではおうちの都合やお子様の成長に合わせて柔軟に対応するのが良いとされています◎

 

たとえば、3歳の七五三記念であれば

「満3歳になってからのほうがイヤイヤ期も収まって楽しく着物を着てくれそう」といった予想や

7歳の七五三記念であれば

「小学校の入学祝いと重なってしまうから、早めに撮影しておこう」といった

ご家庭ごとの事情や都合にあわせて柔軟にスケジュールを組んでも良いですね◎

 

 

もちろん、フォトスタジオ でも

「満◯歳になっているからもう七五三は撮れません!」

「満◯歳になる前に記念撮影はできません!」 などということはありませんのでご安心を!

 

お祝いの年齢についてあまり細かくこだわることなく

パパ・ママはもちろん、お子様が楽しく撮影できるようなタイミングで

無理なく七五三記念を楽しめるのがベストかと思います!

 

 

 

 

 

 

▽お宮参りって何?どこに行けばいいの?▽

 

 

今や七五三には欠かせないのが「お宮参り」という、晴れ着を着て神社にお参りに行く家族行事。

「どうして神社に行くの?」「どこの神社がいいの?」という疑問をお持ちのパパママは多いのではないでしょうか?

 

お宮参りは、上記で説明した「七五三祝いの意味」のように

この年まで健やかに、無事育ってくれた我が子を祝うと同時に

その年になるまで無事に過ごすことができたことを、その土地を守る神様に報告し感謝する行事です。

 

家族が暮らすその土地には必ず、その土地を守る氏神様という神様がいます。

その神様は必ず神社に祀られているので、神社にお参りをすることでその祈念を伝えることができますよ◎

 

お参りする神社を選ぶ際は、今住んでいる場所から一番近い神社を調べるのがベスト!

今住んでいる場所から一番近い場所=その場所の氏神様に守られている、という考え方です◎

なので、七五三記念の際はぜひご自宅から一番近い場所の神社に出向き

「ここまで子供が無事に成長することができました」と神様に感謝とご報告をしてみてはいかがでしょうか!

 

 

ただし、お宮参りは現代ではそこまで厳密なものではなく

神主さんからの祈祷などをお願いしたい際は大きな神社でしかお願いできなかったり

着付けてもらった場所から出向くことを考慮し、利便性の高い神社を選んだりしてもOK!

 

また、記念撮影と七五三のお宮参りを必ず同じ日に行わなければいけないということもないので

「今日は子供だけの記念撮影!来週には家族みんなでお宮参り!」などといった

無理のない柔軟なスケジュールの組み方をするのがおすすめ。

丸1日おでかけしたり慣れない着物を着たままでいると、お子様の体力やご機嫌も少しずつ損なわれていくもの。

ぜひ柔軟に対応してあげてくださいね。

 

 

 

 

特に現代では「お宮参り=晴れ着を着て出かける」という意味合いのほうが大きいため

お子さまとパパママみんなでお着物を着て、おじいちゃんおばあちゃんに会いに行く!という目的で

お宮参りを計画するご家族も多いようです◎

 

ぜひご家族それぞれに合った「お宮参り」スタイルを検討してみてくださいね♡

 

 

 

 

▽千歳飴って何?飴は自分で用意するの?▽

 

七五三記念と言えば、晴れ着と千歳飴!

でも、千歳あめは普段買い物をするお菓子売り場などで売っているものでもないため、

いったいどこで貰える・買えるものなんだろう?と思いますよね。

 

千歳飴とは、ただの飴ではなくその長さに意味があります。

飴は作る際に、あたためて引き伸ばしたりその形を変えることができたりするのが特徴。

飴は伸ばすとどこまでも長く伸ばすことができるため「長寿」を連想させる縁起物とされており

子供のますますの健やかな成長と長寿への願いが込められているんです。

 

およそ数十センチの細長い飴は、多くの場合紅白それぞれ1本ずつ、

合計2本がひと袋の中にはいっていることが多いです。

 

また「食べにくい」「食べきれなかったときの保管が大変」という理由で

パパママにはなんとなく面倒なイメージも強い千歳飴ですが

現在多くのスタジオ・神社などで配布されている千歳飴は

お子様でも食べやすいサイズのものが多いのでご安心を!

 

それでも不安な場合は、あらかじめ通販などで長さや大きさを調べて

購入しておくのもよいかもしれませんね◎

 

 

 

 

知ると納得!意味が深い「七五三記念」

 

いかがでしたか?

意外と知らない「七五三記念」の基礎知識についてご紹介させていただきました◎

 

意外と知らなかった七五三の起源や、

令和の七五三記念の多くはどうやって祝われているのかなど、

毎年七五三記念に欠かせない「記念撮影」という形でたくさんのご家族に関わり続けてきた

ぱれっとならではのご紹介ができたのではないでしょうか◎

 

 

 

 

毎年多くのご家庭の、様々な七五三記念に携わってきたぱれっとならではの視点で

ご紹介した「七五三」についてのノウハウや知識をぜひ関東・吉祥寺エリアにもお届けしたい!

そんな思いで今日もぱれっとは東京進出のために日夜準備を続けています!

 

すこしでも早く、東京エリアでぱれっとの記念撮影をお届けできるよう

ご支援やSNSでのフォローやシェアのご協力をお願いいたします◎

 

 

 

 

▽写真工房ぱれっと 七五三記念特設ページ▽

 

▽連載中!ぱれっと東京進出への道▽

 

 

 

 

 

 

 

◆東京・吉祥寺エリアに、新しいおしゃれなフォトスタジオを作るために◆

 

北海道を拠点に、お子様の成長の証を「そこでしか撮れない」

特別な写真として残すためのスタジオ作りを行なっているぱれっと。

 

ぜひそのノウハウを生かし、東京・吉祥寺周辺エリアの

子育て中のパパ・ママに親しんでもらえるようなスタジオを出店したい!

 

そんな強い思いを込めて、

ぱれっとは現在東京出店に向けての準備を進めています。

 

 

✔︎東京エリアのフォトスタジオ情報や、子育てのお役立ち情報を発信します!

 

現在、ぱれっとでは東京エリアへの出店を目指し

東京・吉祥寺というエリアならではの情報や、同じ東京エリアでお子様の記念撮影ができる

フォトスタジオの情報について日夜調査中!

 

そんな日々の情報収拾で得られたお役立ち情報や、

「どんな写真を撮ろうかな?」

「せっかくの子供の◯◯記念。どんな記念撮影にしようかな?」と迷った際に役立つ

フォトスタジオならではの目線で送るアドバイス・解説記事などを続々更新予定!

 

ぜひ役立つ情報がありましたら、SNSやクチコミ等で

お友達のママ友・パパ友へと広めて頂けますと幸いです◎

 

東京エリアへの初進出を夢見て、ぱれっとは日夜努力を続けていきます!

 

 

 

✔︎「ぱれっとが東京に来て欲しい!」と思ったら、ぜひSNSでご支援を!

 

写真工房ぱれっとでは、現在公式SNSとしてinstagramを運用中!

「ぱれっとではどんな記念撮影ができるの?」

「どんなスタジオや衣装を利用できるの?」 と、ぱれっとを

少しでも気になった方はぜひGoogleで「写真工房ぱれっと」で検索するか

instagram上で「#写真工房ぱれっと」を検索!

 

 

 

 

実際にぱれっと各店をご利用いただいた方がお写真と共に感想を投稿してくれていたり、

スタジオでカメラマンを務めるスタッフが撮影した、かわいいお子様の写真を投稿していたりと

今のぱれっとの様子や雰囲気がよくわかるポストが多数♡

 

「この写真かわいい!」「うちの子もこんなふうに撮影したい!」

そんなお気に入りの投稿が見つかったら、ぜひSNS上でリポストして

ぱれっと自慢のおしゃれで素敵な写真を広めていただけると嬉しいです!

 

▽写真工房ぱれっと 公式ホームページ▽

 →100日記念・ハーフバースデー・1歳お誕生日記念はこちら

 →七五三記念はこちら

 

▽公式インスタグラムアカウント▽

 

 

 

✔︎ぱれっとが出店するための物件を探しています!

 

現在、ぱれっとでは吉祥寺や中央線沿線の物件を

ご紹介頂ける企業の方からのご連絡もお待ちしております!

 

募集の詳細は上記バナーをクリックしてお確かめください!

 

 

この記事に関するキーワード

ご予約・お問い合わせ

ご希望の店舗の電話を
タップして下さい